理容師に関する情報が満載!

理容師と美容師の違いを知ろう

特に女性にとって理容師はあまり馴染みのない職業です。
最近では女性の顔剃りを積極的にメニューに取り入れている理容院もありますが、美容院ほどの頻度で通う人はまずいないでしょう。
理容師の仕事内容、そして美容師との違いはどこにあるのでしょうか。
そもそも同じ髪を扱う仕事であっても、この2つは定義が違います。
理容師の仕事は「頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」、美容師については「パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすること」とそれぞれ定められています。
理容院では整えること、美容院では美しくすることを職務としていることになります。
また上記の定義にもあるように、理容院では剃刀の使用が可能ですが美容院では不可。
反対に美容院で出来るパーマが理容院では不可となっています。
しかし両方の免許を取得することも可能ですし、理容院に美容師免許を持つ方がいればパーマを行うことは出来るのです。
どちらの免許も国家資格であり、養成施設で2年以上修学した場合に受験する仕組みは同じです。
ただやはり受験人数に違いはあります。
美容院だけでなく、結婚式場やヘアメイクアーティスト等での活躍の道もあるからか、美容師免許受験者が10倍程度多くなっています。

理容師に必要なこと

理容師は、男性の髪を整える役割があり、定期的に通うことになるため、大切な存在となります。
こういった人達に必要なことは、的確な技術です。
長い間、理容の仕事に携わり、経験を積んでいる人達は、多くの人の髪や髪型に触れているため、髪に対する知識が豊富です。
こういった髪質の人達には、こういったスタイルで、どの程度カットしておけばよいのかを、理解しています。
したがって、あれやこれやと指示を出さなくても、動いてくれるため、信頼がおけます。
また、若い人達の場合は、流行しているヘアスタイルを理解していて、希望するような髪型にしてくれる理容師を望みます。
時代の流行や髪型を研究していて、日々、勉強を積んでいるような理容師は、評判がよくなり、多くの人達が訪れるようになります。
技術を的確なものにするためには、勉強や研究を欠かさないことが大切です。
どのヘアサロンでも勉強熱心な人達は、誠実な印象でとらえられるため、安心して任せることが出来ます。
気の利いた会話がさほどうまくなくても、素直な人柄と仕事に対するまじめさが感じられる場合は、理容師として長く仕事を続けることが出来るようになります。
仕事熱心であることがヘアサロンのスタッフには必要なことです。

Valuable information

医療法人化について考えている方はご相談ください

医療法人化

矯正の未来を変える。

矯正歯科 学会

復縁屋に依頼を検討している方はおまかせください

復縁屋

オンライン英会話で子供に学ばせたい方はお問い合わせください

オンライン英会話を子供に習わせる

巣鴨近辺で評判の歯科にお任せください

巣鴨で歯科を検討する

面倒な文書管理お任せください。

文書管理

Last update:2018/6/1