理容師に関する情報が満載!

理容師の資格について

手に職を付ける仕事として男性の美をサポートする理容師は、技術を身につける事で沢山の人達を綺麗にする事が出来る職業です。
理容の仕事内容は、理髪店等でお客さんのカットや顔そり、洗髪やパーマやカラーなどを行う技術を身につけるためには、理容師資格を取得する事が必要です。
男性だけではなく、近年では女性のお客さんも行う場合があり、リラクゼーションとして頭皮マッサージなども行う事もあります。
理容師として働くためには、理容専門学校へ2年通うか、もしくは理容学校通信制を3年の所定の課程を修了した後、国家試験に合格する必要があります。
資格の合格基準として、実技や筆記などがあり、関係法規や制度、公衆衛生や環境衛生、感染症や衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学や美容の物理化学、理容理論のいずれの課目において勉強した事が国家試験に出されます。
国家試験を合格し、理容師の資格を取って初めて理容室のサロンに働く事ができます。

理容師は国家資格で養成施設卒業が受験条件

顔そり、洗髪、頭髪を刈込技術や知識をもって、お客様に提供するプロが、理容師と呼ばれる職業になります。
この理容師になるためには、国家試験に合格して免許の資格を取得する必要があります。
まずは、全国にある厚生労働大臣か、都道府県知事指定養成施設へ入学することが、国家試験を受ける条件になっています。
この養成施設では、およそ2年間の学習期間が設けられており、理容に関する知識や技術を身につけていきます。
通信制もありますが、こちらの通信課程になりますと、3年以上の修業期間が必要になります。
その後、養成施設を卒業した者が、理容師の国家試験を受けることができます。
国家試験は、年2回筆記と実技の内容で実施されています。
この国家試験に合格した者は、免許申請を行って厚生労働大臣が指定した、(公財)理容師美容師試験研修センターにて、免許の登録を行います。
名簿に登録されたら、プロとして理容院などで仕事をすることができるでしょう。

recommend

フォーミュラE

Last update:2017/6/29